あったか子育て応援ブログ

プロの冷暖房

2019/07/26

こんにちは、プロの保坂です。

今回は、冷暖房について

木造住宅にやさしい、冷暖房は、

・家全体をあたたかく(又は,すずしく)すること。

・湿度を変えないこと。(湿度50%キープがベスト)

・有害物質をあまり出さないこと。

プロが考える、手軽で良いと思うものはエアコンです。

今回は太陽光も載せるため、電気で動くエアコンは相性が良いですね。

ヒートポンプであたためたり冷やしてくれるので省エネですし、

室内で石油を燃やしたりしないので、体にもやさしいです。

選ぶポイントは、い ろ は の 「い」を選ぶこと

容量によって違うのですが、消費効率(APF)がある一定の基準を超えているエアコンになります。単純にAPFで比べても良いと思います。

プロの選んだエアコンは、ダイキン スゴ暖DX14畳用を3台。APF=7.2です。他のメーカーでAPFのもっと良いエアコンもあるのですが、ダイキンさんはエアコン専門メーカーなので、はじめからダイキンにしようと決めていました。(他のメーカーにも良いエアコンはあります)

エアコンの弱点は、本当に寒い日は、働かない事です。外気であたためているのですからあたりまえですよね。

本当に寒い日用に、ガスファンヒーターが使える環境をととのえました。ガスは災害にも強いですよ。

プロの答え

・エアコン3台(ダイキン、APFにこだわる)

・補助用にガスファンヒーター(空気は汚れます)


カテゴリー: ほさ日記, ディアキッズ, プロの家づくり  
2021年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930